Logo  
   
 
English
 
機構長挨拶
 
 
 

機構長 池内 幸司

科学の知は、理論や仮説をもとに観測、測定し、得られた事実を記述し、理論や仮説を検証する演繹的推論手法と、事実的知識の集まりから理論や仮説を形成する帰納的推論手法が一つのサイクルとして繰り返されることで、その形成が効果的に進むと言われています。

地球環境問題のように、大きな社会的課題を科学の力を借りて解決しようとする場合にも、演繹的なアプローチと機能的なアプローチからなるサイクルを一層効率的に回すことで、状況の変化に対応して、適切な対策をとることができます。

しかしながら、このサイクルをスムーズに動かすためには、二つの大きな問題に対処しなければなりません。第一は、利用すべきデータや情報が多様かつ膨大な量になっており、その取り扱いに多大の労力と時間を要することです。地上での観測データ、衛星画像、さまざまなシミュレーションデータ、人口や社会経済情報等、地球規模課題の解決に向けて処理・分析しなければならないデータは非常に多岐にわたり、データ量は大幅に増加しています。

第二は、研究分野間の連携の不足です。より深く、緻密かつ効率的に研究を進めるためにどうしても専門化、分化、系統化が進みがちです。その結果、研究成果を互いに連携させ、ある分野で得られた知識を他の分野に適応してみることなどが次第に困難になってきました。地球規模の課題は、自然環境システムだけでなく産業システム、社会システム、文化や制度の有り様にも深く関連していますので、研究分野間の連携が不足していると、研究成果が課題解決に効果的につながりません。

一方、先進的な情報科学技術は、不均質な情報源からの多様で超大容量のデータを効率的に蓄積し、データへの柔軟なアクセスやデータの統合、情報の融合を可能にするシステムを実現してきました。

EDITORIAは、これら情報科学技術分野と地球環境に関わる様々な学問分野が連携して、地球観測データや数値モデル、社会経済データを効果的に統合し、情報を融合する科学技術を構築することによって、地球環境問題を解決に導く「知」の創造と、国際社会に貢献できる公共的利益の誘導を目指します。


 
   
© EDITORIA, The University of Tokyo